お知らせ

プリンセス・クルーズ2014年 日本発着クルーズを2隻で42本設定に拡大

2013年1月24日

プリンセス・クルーズ2014年 日本発着クルーズを2隻で42本設定に拡大

2014年の日本発着クルーズの計画を発表した。14年はサン・プリンセスに加え、日本で建造されたダイヤモンド・プリンセス(11万6000トン)を投入。横浜、神戸とともに、新たに小樽発着も設定し、2014年4月から10月にかけて42本のクルーズを実施する。同日開催した発表会で、プリダイヤモンドプリンセスンセス・クルーズ社長兼CEOのアラン・バクルー氏は、2隻の船を活用して「2014年は(前年の)5.5倍の10万人をめざす」と意欲を示した。

また、日本市場のニーズに合わせ、参加しやすい5日間の短いコースから11日間まで、10種類の周遊型コースを用意するなど、コース設定にも工夫をこらした。さらに船内では日本人スタッフの増加や日本食の提供をさらに増やすなど、日本人向けサービスを増強した。

詳しくは当ページのプリンセスクルーズをご覧ください。